北海道大地震発生後わずか1分で災害対策室を設置!

ニュース

北海道大地震発生後わずか1分で災害対策室を設置!

2018年9月6日午前3時8分、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする大地震が発生。


そんな中、防衛省・自衛隊は、わずか1分で災害対策室を設置していました。

地震を受けてすぐに活動を開始したのは、北海道札幌市の丘珠(おかだま)駐屯地を始めとする陸上・海上・航空自衛隊の各部隊の主な対応状況がこちらです。

主な対応状況

【6日(木)】

03時09分 防衛省災害対策室設置

03時11分 防衛大臣の指示

1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。
2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。
3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。

03時25分 第3航空団のF-2×2機が基地を離陸。

03時39分 北部方面総監部のLO(人員2名、車両1両)が北海道庁に向け駐屯地 を出発。

03時40分 第7飛行隊のUH-1×1機が情報収集のため駐屯地を離陸。

出典 http://www.mod.go.jp

発生1分後に防衛相災害対策室を設置

30分後には情報収集のためにファストフォースを派遣。

ファストフォースとは防衛省・自衛隊が、自然災害などに即時対応できるように待機させている『初動対処部隊』に対して名づけられた名称。

First:発災時の初動において

Action:迅速に被害収集、人命救助及び

SupporT:自治体等への支援を

Force:実施する部隊

国民の安全・安心を任務として活動されている自衛隊を誇りに思います。

1

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ