森友学園用地、辻元清美と関西生コンの関係

ニュース

森友学園用地、辻元清美と関西生コンの関係

民主党辻元清美、森友学園横「野田中央公園」の用地取得に関与

14億円の土地を2000万

平成21年までは野田地区の国有地は10億円以上の値段。

政権が民主党に変わった22年にはいきなり国から補助金がでて2000万円で買えますという事案決議。
補助金が出るようになった経緯説明は一切なし。

もともとこの土地は伊丹空港の飛行ルートの真下にあり、木造文化住宅が密集してることから昭和60年ぐらいから国が土地を買い上げての再開発が進める。

豊中市議会と公園にしたい豊中市のやり取りは平成9年から平成21年までつづいて、21年には300万円という調査費を計上。

22年に突然、市事案決議として国から2000万円で買える契約を締結。

出典 http://

学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」

もともと国有地であった土地を平成22年3月に豊中市が購入。

国との契約金額は14億2386万3000円でしたが、計14億262万円の国庫補助金などを得て、最終的に市の負担は2124万3000円であることが確認できます。
これは民主党政権発足から間もない時期で、辻元清美氏はこの年の5月まで国交副大臣でした。

当時、彼女は民主党ではなく、連立を組んでいた社民党に所属していましたが、社民党の連立離脱に伴い7月に社民党に離党届を出し、8月に受理されています。

そして9月には民主党に入党するのですが、彼女の支援団体は社民党の頃からほとんど変わっていません。

「関西生コン」との関係は社民党時代から継続しているものです。

「関西生コン」

正式名称を「連帯ユニオン関西地区生コン支部」
関西を拠点にする労働組合。

日本共産党の影響が強い全日本運輸一般労働組合に加盟していましたが、 闘争方式を巡り党と対立、運輸一般を脱退して独立し、現在は社民党や新社会党の支持団体。

今年の新春旗びらきでは、辻元清美氏と福島瑞穂氏が挨拶をしています。

その連帯ユニオンのホームページを見てみると、関西に拠点を置く労組にもかかわらず、沖縄で行われたデモなどの活動報告が目立ちます。

連帯労組関西生コン支部委員長がパネリストとして辛淑玉氏と名前を並べています。
沖縄の基地反対運動と森友問題に絡んだ左翼勢力が一本の線でつながります。

関西生コン支部をガサ入れした和歌山県警 その時の写真がこれ↓

写真中央のモニター画面は、監視カメラの映像を写し、まるで組事務所。更に、右上には韓国語で書かれた幕が見えます。

1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法