羽生が金メダル!66年ぶり五輪連覇 宇野が銀メダル

スポーツ

羽生が金メダル!66年ぶり五輪連覇 宇野が銀メダル

平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子フリースケーティングで羽生はFSで206.17点、合計317.85点をマークし、男子シングルで66年ぶりとなる五輪連覇を達成。

平昌五輪16日、フィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)

昨年11月のNHK杯の公式練習中に右足首を負傷した羽生結弦(23=ANA)が同10月のロシア杯以来約4カ月ぶりに実戦復帰。

すべてのジャンプを完ぺきに決め、世界最高得点でもある自己ベスト112・72点に迫る111・68点をマークし首位発進。

2位にハビエル・フェルナンデス(26=スペイン)が107・58点。
3位に宇野昌磨(20=トヨタ自動車)が104・17点。

1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう