髙橋 洋一氏が「日本の借金1千兆円」のからくりを暴く!

経済

髙橋 洋一氏が「日本の借金1千兆円」のからくりを暴く!

国の資産は総計653兆円(2013年度)

・現預金19兆円
・有価証券129兆円、
・貸付金138兆円
・出資66兆円

計352兆円が比較的換金可能な金融資産。

そのほかに、

・有形固定資産178兆円
・運用寄託金105兆円
・その他18兆円

国の負債は1143兆円(2013年度)

その内訳は、

・公債856兆円
・政府短期証券102兆円
・借入金28兆円

これらがいわゆる国の借金で計976兆円。

・公的年金預り金112兆円
・その他45兆円

負債の総額から資産を引いた実質の借金は、

1143兆円-653兆円=490兆円

となります。

「カネを付けるから天下りもよろしく」

貸付金や出資金の明細は、国の財務書類に詳しく記されている。

実は、そこが各省の天下り先になっている。

特に財務省所管の貸付先は他省庁に比べて突出して多い。

このため、財務省は各省庁の所管法人にも天下れるので、
天下りの範囲は他省庁より広い。

2013年度末の日銀のバランスシートを見ると、資産は総計241兆円、そのうち国債が198兆円である。

負債も241兆円で、そのうち発行銀行券87兆円、当座預金129兆円である。

そこで、日銀も含めた連結ベースでは、国の実質負債は253兆円である。

出典 http://gendai.ismedia.jp

こう考えてみると、財務省が借金1000兆円と言い、
「だから消費増税が必要」と国民に迫るのは、
前提が間違っているので暴力的な脅しでしかない。

出典 http://gendai.ismedia.jp

財務省が「資産」について語りたくないのは、資産とはつまり、天下りと直結している問題だから。

借金返済のために、資産を売れ、となると、天下りに支障が出てしまう。

NHKも同じ!
NHKのバランスシートをみると、ほとんど無借金経営状態であり、資産たっぷり。
純資産8000億円の超優良組織。
(http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/kessan/h28/pdf/renketu28.pdf)。

NHKを上手く分割すれば、8000億円も国庫収入が増えることになるかもしれない。

この点を指摘されたくないから、NHKは国の「資産」についても触れたくない。

財務省とNHKは、「資産については話をしない」という共犯関係にある。

出典 http://gendai.ismedia.jp

1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ