「前川は官僚のクズ」岸博幸(現慶大院教授・元経産官僚)

政治/世界

 「前川は官僚のクズ」岸博幸(現慶大院教授・元経産官僚)
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

文部科学省の前川喜平前事務次官が「総理のご意向」で「行政がゆがめられた」と証言した。

だが、特区を活用した加計学園の獣医学部新設に問題があるのであれば、国家戦略特区諮問会議やワーキンググループで異議を唱えればいい話。

でも現実には止められなかったのは、文科省には説得材料がなかったからだ。
こんなことで行政がゆがめられたというならば、政治主導は全て行政をゆがめることになる。

安倍首相の「ご意向」は岩盤規制の突破だった。
仮に「総理のご意向」が働いたとしても、間違った行政は修正するのが当然だ。
首相が規制改革の意向を表明しても実現できていない改革なんて、腐るほどある。だから、「総理のご意向」があるから逆らえなかったというのは間違っている。

出典 http://www.sankei.com

安倍内閣が人事権を握っているから逆らえないともいわれるが、本当に日本のために必要だと思うなら、クビを恐れずにやればいい。

自慢する気はないが、竹中氏の秘書官として不良債権処理をやっていたときは、竹中氏が失敗したら私も辞めるつもりでいた。
人事権を握られたぐらいで何もできないなんて、その程度の志しかない人間が偉そうにモノを言うなと思う。

前川氏の座右の銘は「面従腹背」だそうだが、論外。
そんなことを正々堂々という官僚なんて官僚のクズだと思う。

一時期とはいえトップを務めた人間がそんなことを言えば、文科省がそういう組織に見える。
文科省の後輩たちに迷惑をかけると思わないのか。

政治に対する行政の忖度も問題になっているが、忖度のない国なんてない。
米国でも国際機関でも、忖度どころかコネまでまかり通っている。

大事なのは、第1に違法性があることはしちゃいけない。
第2に理屈が通らないことはやっちゃいけないということ。
これは民間企業でも同じだ。

加計学園の獣医学部新設が認められた裏で、首相が政治献金をいっぱいもらっていたとなると駄目だが、そんな事実はない。

理屈も通っている。
四国に獣医学部はなかったし、平成21年の時点で四国4県の知事が連名で四国に獣医学部がほしいと言っている。
新設には十分に合理性がある。

出典 http://www.sankei.com

メディアは前川氏の発言を一生懸命報道するが、官僚主導の行政に戻った方がよいのだろうか。
民主党政権が誕生した頃は、
「官僚主導はいけないから政治主導にしなければならない」
とみんな言っていたはずだ。
獣医学部新設を問題視するメディアは、宗旨変えしたのだろうか。

民進党は国家戦略特区制度の停止法案を参院に提出した。
民進党は結局、政治主導で改革するのは嫌で、官僚主導で改革がない行政が好きなのではないか。

行政の現実を考えると、規制改革が進むかどうかは担当の役人が能力、気概、根性をどれだけ持っているかで変わる。
獣医学部の特区に関しては、内閣府に藤原豊審議官という規制改革の鬼みたいな人間がいた。

規制改革を頑張ると、他の役所から恨みを買う。
だから藤原氏は、メディア上で
「首相の意向を使って圧力をかけた」
と個人攻撃みたいなことを言われている。
改革したい人間がびびってしまいかねない。

安倍内閣の国家戦略特区制度は、改革としてはそこまでインパクトのある改革ではない。
規制緩和は全国一律がよく、私は安倍政権の規制改革は評価していない。
アベノミクス、成長戦略、働き方改革と言っても潜在成長率は4年半で下がっている。
唯一の改革の成果が国家戦略特区だった。

出典 http://www.sankei.com

改革しない安倍政権がちょっと改革を進めたら、野党とメディアが寄ってたかってつぶしにかかる。

これでは改革を進められない。
今回の加計学園で分かった事実は、日本経済の将来は暗いということ。

加計学園をめぐる安倍政権の対応に全く問題がなかったわけではない。
「総理のご意向」に関する文書について、菅義偉官房長官は「怪文書だ」と言い切ってしまった。
本来はそこまで盛り上がる案件ではないのに、文書の存在をめぐる押し問答でワイドショーの時間が使われている。

政府が軌道修正して、文書の存在を追加調査すると発表したのはよかった。
客観的事実を全部出せば、政府が負けるはずがない。

前川氏の次官時代の「出会い系バー」通いも、ワイドショーや週刊誌で報道が盛り上がる一因になった。

官僚は頭がいいから屁理屈は作れる。

出会い系バー通いを暴露されて前川氏が考えたのが、「女性の貧困の実地調査」という屁理屈だったのだろう。
だが、所詮は屁理屈に過ぎず、リアリティーは感じられない。

その前川氏が、獣医学部開設問題に絡んで今治市を訪れたという話は、少なくとも筆者は寡聞にして知らない。

週に3回も「出会い系バー」に行く時間があったら、今治市に足を運び、地域の実情に目を向けるべきだったのではないだろうか。
残念ながら、筆者が知る限り、今治市に出会い系バーは見当たらなかったが…。

出典 http://www.sankei.com

岸博幸|プロフィール

東京都生まれ。
東京都立日比谷高等学校、一橋大学経済学部卒。

1986年:昭和61年)、通商産業省に入省。
1992年:コロンビア大学経営大学院に留学し、MBA取得。
2001年:第1次小泉内閣、経済財政政策担当大臣補佐官に就任(大臣は竹中平蔵)
2002年:金融担当大臣補佐官兼務。
2004年:竹中経済財政政策担当・郵政民営化担当大臣政務担当秘書官に就任。
2004年:慶應義塾大学助教授に就任。
2006年:第3次小泉改造内閣の内閣総辞職にあわせ、経済産業省を退官。
2008年:慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授に就任・
2008年:衆議院議員の江田憲司、高橋洋一らと共に
    「官僚国家日本を変える元官僚の会(脱藩官僚の会)」を設立。
2013年:大阪市特別顧問、大阪府特別顧問、大阪府市統合本部特別顧問。


皆さん、これを読んでどう思われましたか?

民進党の論理より、岸博幸の意見の方が正論だと思います。

”副業”から”複業”への勧め!

副収入を得たいと思っている方は多いはず!

”副業”とは、収入さえ得られれば何でもいいので、パチンコでも麻雀でもOK!
しかし、”複業”とは、本来の収入源となっている職業以外で、スキル・技術を伴った仕事で収入をえることを言います。

”副業”は一時的に収入があったとしても継続性がありません。
しかし、スキルを学んで得た収入は、長く続けることができます。

本業以外に、複業として、将来設計のためにどのようなスキルを身につけたら効果的なのでしょうか。

世の中様々な技術を教える教室がありますが、その中で一番初期投資が少なく、そのスキルを身につければ一番効果が得られるのがインターネットビジネスです。
そこで、一番の近道は、既に成功してる方から教わることです。

あなたが野球を教わりたい時、高校野球部の監督から教わりたいですか、それともイチロー選手から教わりたいですか?

一流の方から教えてもらった方が、最短距離で成功へと導いてくれます!

出典 http://a-one.sub.jp

リバイタス
1

関連記事

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

タグ

月別アーカイブ