「妻は時間を掛けてゆっくりと僕に お別れをしよるんや」

芸能/映画

「妻は時間を掛けてゆっくりと僕に お別れをしよるんや」
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

四度のガン手術から生還した夫がアルツハイマー病の妻に贈る、 三十一文字のラブレター

紙おむつ 上げ下げをする 度ごとに

妻は怒りで われをたたけり

小尿を 流しし床を 拭く

われの 後ろで歌う 妻に涙す

幼な子に かえりし妻の まなざしは

想いで連れて 我にそそげり

出典 http://www.amazon.co.jp

四度のガン手術から生還した夫が、
若年性アルツハイマー病の妻を介護した4000日の記録。

介護をする家族の苦悩は計り知れないものがあるが、
著者の陽信孝(みなみ のぶたか)氏は互いに迫りくる死の影を見据えつつ、
次第に童女となっていく妻との毎日を力強く歩んでいく。

闘病・介護・夫婦愛を考え、著者が詠んだ短歌とともに綴る、
究極の夫婦の純愛物語。

映画

妻・八重子の介護を通して経験したこと、感じたことを語る白髪の老人、石崎誠吾。

「妻を介護したのは12年間です。
その12年間は、ただただ妻が記憶をなくしていく時間やからちょっと辛かったですいねぇ。
でもある時、こう思うたんです。
妻は時間を掛けてゆっくりと僕に お別れをしよるんやと。
やったら僕も、妻が記憶を無くしていくことを、しっかりと僕の思い出にしようかと…。」

教員時代に巡り会い結婚した頃のこと、八重子の好きだった歌のこと、アルツハイマーを発症してからのこと…。

かつて音楽の教師だった八重子は、徐々に記憶を無くしつつも、
大好きな歌を口ずさめば、笑顔を取り戻すことも。
家族の協力もあり、夫婦の思い出をしっかりと力強く歩 んでいく誠吾。

山口県・萩市を舞台に描く、夫婦の純愛と家族の愛情にあふれた12年の物語。

『お父さんは愛でできている。』 鉄拳×つたえたい心の手紙

お父さんは愛でできている。小さい頃から、そう思いよったよ。

私が小学校の頃、尿検査でおしっこを入れるしょうゆ入れみたいなのの赤いふたが無いって大騒ぎしたことがあったやん。
私がわあわあ泣きよったら、お父さん、
「淳子ちゃん、泣かんでよか」
ってどっかからコルクを持ってきて、削り削り入れ物に合わせてふたを作ってくれたもんね。
なんか妙な形やったけど、おしっこがこぼれんようなちゃんとしたふたやった。
次の日一人だけコルクのふたで検尿を出したけど、恥ずかしいやら自慢やら。
優しかったあ。お父さんは。

中学の技術の課題、防犯ブザー覚えとう? 不器用な私は作れるはずもなく、結局お父さんが徹夜で作ってくれたね。
寝ぼけた私は、ブーブー音が鳴る度に、「うるさい!」って文句言いよったらしいね。
朝になって防犯ブザーが出来上がっとうのを見て、ごめんなさいって気持ちでいっぱいやったとよ。
でも、今思えば、お父さんもあんまり器用な方じゃなかったね。
評価2やった。

私が離婚を決めたときも、何も言わず何事もなかったように、全て受け入れてくれたね。
親不孝な娘やんね、私。
父親のいない子を産む決心をした時もそう。穏やかに、いつもと同じ笑顔で私たちを守ってくれた。
それなのに、お父さんの優しさが辛くて、ちゃんとありがとうって言えんかった。

だから、お父さんの認知症が進んで、夜中にトイレに連れて行ったりお尻を拭いてあげたりするようになった時、涙が出るほど嬉しかっとよ。
お父さんは何度も「ごめん」って言いよったけど、私は喜びで胸が震えるほどやった。
やっと恩返しができるっちゃもん。
でも、ほんの短い期間の介護生活の後、病院のベッドで眠り続けて、そして逝ってしまったね。
私になんちゃって介護の思い出を残して。
私の罪悪感を少しでも軽くしようと思ったっちゃろ? お父さん。

どこまでも優しいお父さん。
お父さんは大きな愛の人。
私もお父さんみたいな愛の人になるけんね。
だって、お父さんの愛から生まれて愛で育った娘やもん。

出典 http://www.kurashinotomo.jp

2025年には高齢者の5人に1人が認知症!

認知症は高齢になればなるほど、発症する危険は高まります。
認知症は特別な人に起こる特別な出来事ではなく、歳をとれば誰にでも起こりうる、身近な病気と考えたほうがいいでしょう。

厚生労働省の2015年1月の発表によると、
日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人。
65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。

認知症の前段階とされる「軽度認知障害」と推計される約400万人を合わせると、高齢者の約4人に1人が認知症あるいはその予備群ということになります。

医療機関を受診して認知症と診断された人だけでもこの数字ですから、症状はすでに出ているのにまだ受診していない人も含めると、患者数はもっと増えていくと考えられます。

今後高齢化がさらに進んでいくにつれ、認知症の患者数がさらに膨らんでいくことは確実です。

厚労省が今回発表した推計によれば、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症患者数は700万人前後に達し、65歳以上の高齢者の約5人に1人を占める見込みです。

なお、認知症は高齢者だけの病気ではありません。
65歳未満で認知症を発症する場合もあり、「若年性認知症」と呼ばれています。
若年性認知症はアルツハイマー病が多く、とくに40代、50代の働き盛りで起こると老年性の認知症よりも早く進行し、症状も重くなる傾向があります。

☆━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃★┃ご┃家┃族┃の┃介┃護┃で┃お┃悩┃み┃の┃ア┃ナ┃タ┃に┃★┃
┣━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┫
☆★☆*…*…*…*…*…*プラズマローゲンEX*…*…*…*…*…*★☆★  
                                 
    高純度プラズマローゲン配合の認知対策サプリメント     
         TVで話題のプラズマローゲン
           今から始める認知ケア

      初回限定で500円OFF!さらにもう1本プレゼント!!!!
                                    

出典 http://track.affiliate-b.com

プラズマローゲンEX

リバイタス
1

関連記事

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

タグ

月別アーカイブ