パチンコ業界に激震!

ニュース

パチンコ業界に激震!

パチンコ関連の業界団体は、以下の6つあります。

全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商

この代表者が6月19日、警察庁に招集され、風営適正化法施行規則等の改正についての概要説明を受けました。

改正の趣旨を役所的に説明すると次のようになります。

「ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議が取りまとめた、ぱちんこを含むギャンブル等依存症対策の強化に関する論点整理において、遊技機の出玉規制の基準等の見直しを行うこととされたことを踏まえ、風営適正化法施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則を改正し、現行規則の見直しを図る」。

本年夏頃にパブリックコメントを実施し、来年の早い段階で施行となる予定だそうです。

それで、パチンコの何がどう変わるのか要約して説明してみたいと思います。

パチンコ業を規制しているのは「風営適正化法施行規則」法です。
正式名称は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則」という法律です。
パチンコ店等の風俗営業を適正に行うためのこの法律が以下のとおり改正されることになりそうです。

①遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則
この法律が全ての基本ですが、これまで平成16年の遊技機規則改正、平成18年の改正風適法施行により、遊技機の名称を4号機から5号機へと完全移行した事と同様の事が今回行われます。つまり今回は6号機に変更されるという事です。

②新6号機の機能は?
今回の改正の最大の目的は「依存症対策」ですから、その対策として考えられるは以下の仕様と思われます。

・出玉規制を強化する新試験方法を導入する。

・上記に伴い出玉の上限を1500個へと引き下げる。

・上記と同様に商品価格の最高限度を6000円に引き下げる。

・管理遊技機の導入。

・6段階の設定の導入。


これによりギャンブル性が低下することになり、依存症も減ると思われます。

今年、国会で「カジノ法案」審議において、民進党など野党はギャンブル依存症が増えるといって反対しましたが、パチンコについては一切触れませんでした。
今回の改正は、民進党が言っていたギャンブル依存症対策の一環ですので、反対もできません。

これで駅前の一等地を占有しているパチンコ店は廃業かホテル等業態を変える必要に迫れらることになるでしょうね。

パチンコ業界の現状

全国パチンコ店の全日本遊技事業協同組合連合会(通称:全日遊連)の発表によると加盟店舗数が2016年11月末現在で遂に10000店舗を割りこんでします。

全日遊連が発表した資料には「9993店」と記されており、1995年全国に18200店舗あった店舗が、わずか20年で45%も減少したことになります。

そこで、なぜ20年で45%の店舗が減少したのか、その理由は大きく3つあると言われています。

①新規客が増えないこと。
現在のパチンコ店のユーザーは、65歳~70歳の団塊の世代と、団塊ジュニアと呼ばれるその子ども達の世代です。
しかし、20代30代の若者達がパチンコよりスマホゲーム等の娯楽に移っていることが、パチンコ離れを生んでいる。

②パチンコに使用する金額の高額化
ギャンブル性が高くなり、昔のように長く遊べるものでは無くなった。
大当たりがでなかったら、1万円を浪費するのもあっと言う間です。

③遊技機自体の高額化
20年前には1台20万円もしなかったものが、今では電子化され新台1台当たり40万円前後するとか。
その遊技機費用の償却費をお客に負担させるハイリスクの仕組みが、常連客ですら足を遠かせている。


これらの市場変化以外に、地域パチンコ業界の崩壊があるのは、マルハン、ダイナムなどの大手ナショナルチェーン店が資金と自由競争の原理を盾に、全国に問答無用の出店を行っていることです。

まるで地元商店街が大手イオンなどにとって代わられたのと同じパターンになりそうですが、これに歯止めをかけるためにも「カジノ法案」でパチンコも規制対象にするか、あくまで遊戯として風営適正化で取り締まるかの岐路にあります。

マイナスイオンとオゾンの空気清浄機「サリール」

■ホルムアルデヒド、大腸菌、O-157、タバコ粉塵、ニオイが性能テストで激減!
■花粉・ハウスダスト・ペットや煙草の臭いが気になる方にオススメ
■アレルギー・有害微粒子を0.001ミクロンまで集塵・消煙
■音が静かで電磁波障害もないので安心!
■24時間フル稼働でもたったの2.7円と経済的!
■フィルターがないので面倒な掃除の必要なし!

※30日間全額返金保証
※3年間製品保証

出典 http://track.affiliate-b.com

空気清浄機サリール

1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ