モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

小池東京都知事、東京湾案内用に豪華クルーザー(約20億円)発注済み!

政治/世界

小池東京都知事、東京湾案内用に豪華クルーザー(約20億円)発注済み!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

契約金額 :19億6235万8256円
契約相手方:AZIMUT-BENETTI

これは東京都が昨年12月に実施した「視察船」建造入札記録。

「もったいない」を五輪コンセプトに掲げる小池百合子・東京都知事が、20億円もの税金をかけてVIP接待用の大型外洋クルーザーを発注していたとは!

受注したのはイタリアのアジムット-ベネッティ社。
欧米のセレブや中東の王族などのクルーザーを多く手がける世界トップクラスの造船会社だそうです。
なぜ、日本の会社で入札しないの!?

クルーザーは全長35メートルでデッキは3層。
・1階(上甲板)は22人掛けの大テーブルが置かれた同時通訳ブース付きの会議室とエレベーター
・2階に上がると小さなキッチンと10人掛けのダイニング、広い応接室
・3階は展望デッキ

ヨットが趣味の石原慎太郎・元知事ならいざ知らず、五輪経費の削減に力を入れる小池知事が、なぜこんな船の建造を認めたの。

計画されたのは公私混同問題で失脚した舛添要一・前知事時代の2015年だとか。
だったら止めたらいいじゃないの!と思いませんか。

にもかかわらず、クルーザーの建造は計画通り続行されたのです。

クルーザーの入札が行なわれた昨年12月。

この時は、五輪ボート会場の「海の森水上競技場」や水泳、バレーボールなど3施設の新設見直し問題で会場移転により新設費用の節約を目指していました。

会場移転に失敗した小池氏は、見直し議論で五輪施設の整備費用を「400億円の削減につながった」と節約できたこと強調。

しかし、その陰で豪華クルーザー建造にゴーサインを出していたのです。

これって、ちょっとおかしくないですか。

アジムット社が無競争で受注!

実は、入札にはアジムット社の他に墨田川造船(本社・東京)が名乗りを上げていたそうです。

同社は「他の手持ち工事でいっぱい」という理由で最終的に応札を辞退。

アジムット社が無競争で受注したそうですが、墨田川造船の営業担当者は、

「都から提示された仕様書によれば、デッキ部分は高級材のチーク材で、内装も豪華だし、スピードも出せるようにしたいという内容。そうした要望に応えると20億円はかかるでしょう」と。

・新視察船は羽田空港に乗り付けるために喫水を浅く設計、エンジンはウォータージェット推進器を使い、速度25ノット以上。

・災害時の利用を考えて夜間航行の設備付き。

・備品もIH調理器はじめ日本製。

・賓客をお招きすることを念頭に置いた2階の応接室には、テーブルや絨毯など和風の調度品を装備。

・外国の方に『和』をご体験していただくことを想定し、デッキの床材はそれなりにしっかりした素材を使うように規定。

これが小池知事の掲げる「都民ファースト」の姿?

五輪費用削減を掲げる小池知事は、クルーザー建造を見直さなかったみたいです。

小池都知事は今年1月、2017年度予算案で5年ぶりの減額予算を組み、

「事業評価で徹底的に無駄は排除した。必要な政策には思いきった予算をつけた」

と胸を張ったみたいですが、この予算には約20億円のクルーザー建造費は盛り込まれていません。
それは、

「業界の慣例で船の代金は完成時に全額支払うことになっており、来年度の2018年度予算に一括計上することになる」(港湾局)ためだとか。

結果的に、クルーザー建造費は、都民の目から隠れてしまったようです。

それにクルーザーを購入したら維持費がかかります。
繋留費、整備費、常時雇用しておく必要がある方を東京都職員としての採用する人件費(一等航海士、二等航海士、機関士等)があげられます。
そうすると年間数千万は維持費にかかるのではないでしょうか。

これらも含めて都議会で議論すべきです。
都民の皆さん、これが「都民ファースト」といえますか。

ベルギーの老舗帽子ブランドHERMANは、1874年の創業以来100年以上オリジナルな帽子コレクションを世界に提供する国際的企業です。
ベルギーに脈々と流れるファッションへの高い意識、そのエッセンスを存分に詰め込んだHERMANの帽子は、洗練されたデザインに定評があります。
豊かな創造性、それを実現へと導く卓越した技術、長い歴史で培われた素材への審美眼。
この三拍子をもって、HERMANは世界の帽子市場に“最高”を届けています。

出典 http://px.a8.net

リバイタス
1

関連記事

ピックアップ!

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

タグ

月別アーカイブ