ノーベル賞級の発明!名古屋大学研究チーム『カーボンナノベルト』に成功!

新技術/新商品

ノーベル賞級の発明!名古屋大学研究チーム『カーボンナノベルト』に成功!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

炭素原子が丸いベルト状に連なった新しい分子「カーボンナノベルト」の有機合成に、名古屋大大学院理学研究科の伊丹健一郎教授(46)と瀬川泰知特任准教授(34)らの研究グループが世界で初めて成功しました。

この技術は60年ほど前に理論的に提唱されていましたが、実現できなかった「夢の分子」だそうです。

この技術は、電子部品や太陽電池などさまざまな産業分野への応用が期待される上、次世代ハイテク材料「カーボンナノチューブ(CNT)」の高性能化にもつながる画期的な技術となりそうです。

カーボンナノベルトは48個の炭素原子でできており、幅0.4ナノメートル、直径0.83ナノメートル(1ナノメートルは百万分の1ミリ)。

こうした構造の分子を作製できる可能性は1950年代から文献などで指摘され、世界中の科学者が挑んできましたが、炭素原子を曲面的につなげる技術が難しいことなどから、成功しませんでした。

研究グループは、石油から生成できる安価な物質「パラキシレン」を原料に数段階の化学反応を経て原子を環状に結合させ、臭素とニッケルを使った反応で、カーボンナノベルトを完成させました。

合成に成功したカーボンナノベルトは性質が均一で、ダイヤモンド並みの強度に加え、高い熱伝導特性があります。

伊丹教授は
「科学者たちが何十年も合成を夢見てきた分子。電子デバイスなどへの応用だけでなく、新たな科学の分野の幕を開くことになると思う」
と語っています。

カーボンナノベルト同定に湧き上がる伊丹研の様子をおさめた動画をご覧ください

<カーボンナノチューブ(CNT)> 

1991年、飯島澄男・名城大終身教授が発見した物質。
炭素原子が円筒状に結合した構造で、直径は1~数十ナノメートル(1ナノメートルは100万分の1ミリ)、長さは1000ナノメートル~数ミリ。
炭素原子が規則正しく結合しているため鋼鉄の20倍の強度があり、電気を通す性質は銅の10倍以上ある。
ナノテクノロジーの「主役」と期待されており、折り曲げることができる液晶ディスプレーや燃料電池、集積回路(IC)など、さまざまな分野で応用が期待されている。

東大医学部出身で東京大学付属病院のトップドクターを務める森田氏が、20年の研究の元に導きだした、人間の秘密。

パーフェクトブレインは、人間が秘めている潜在能力を高レベルで引き出し、人工的に天才脳を開発するための特別プログラムです。

過去、このプログラムを受講した3,000人以上の方々が、複数の語学の習得、難関資格の取得、収入の大幅な増加、キャリアアップ、選挙の当選やスポーツのパフォーマンスアップまで、様々な成果を、無理することなく出してきています。

過去、上場企業の社長、スポーツ選手、芸能人、政治家、知人など、紹介制でしか受け付けていなかった100万円のプログラムを、今回、95%オフの5万円で一般公開することになりました。 自らが望んだものを全て掴む天才の秘密と、天才脳へのアップデート方法の全てをお届けします。

出典 http://www.infotop.jp

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう