ワイヤレス充電で走れる「未来の道路」ついに実証実験開始!

新技術・新商品

ワイヤレス充電で走れる「未来の道路」ついに実証実験開始!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

イスラエルで開発されている「Electroad」の紹介です。

この道路は、路面に電源が埋め込まれています。
先ず、バス専用レーンに幅50cmほどの溝を掘り、電源を供給する機器を埋め込んでから舗装し直します。
後は、この上を走る専用電気バスが走行するだけで、エンジンに直接電力を供給する仕組みになっています。

これにより専用バスは、充電用バッテリーを積む必要がなくなり、車両を軽量化できるので、より効率的に運用できるとのことです。

この技術の基になっているのは、スマホで用いられているワイヤレス充電。
レーンの外に100%出ない限り充電されるため走り続けることが可能です。

テスト走行は済んでおり、今度はテルアビブの公共バスルートを用いた試験運用が予定されています。

2020年東京オリンピックでは、このような循環バスが都内を走っているかもしれませんね。

しじみにんにく

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*

リバイタス
1

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ