ディープチェンジHMB

あなたのお気にり自転車を電動式に変えてしまう『GeoOrbital Wheel』!

新技術・新商品

あなたのお気にり自転車を電動式に変えてしまう『GeoOrbital Wheel』!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

日本の電動アシスト自転車、「和風総本家」等の番組で海外で喜ばれていることはよく知ってましたが、新たな発想で、あなたのお気に入りの自転車が電動自転車に早変わりできる素晴らしい製品が登場しました!!

今使っている自転車を、簡単に電動アシスト自転車に変えてしまう。
『GeoOrbital Wheel』
という製品が開発されたのです。

前輪を交換するだけで、複雑な工事は不要ありません。
しかもサドルの下に無骨なバッテリーを装着する必要無し。

前輪に全ての機能を収めてしまうという画期的な発想なのです。

この交換用の前輪に、バッテリーもモーターも搭載されているため、前輪を『GeoOrbital Wheel』に交換するだけで、自転車本体側には手を加えなくても簡単に電動アシスト機能を手に入れる事ができるのです。

車輪を内側から3つのローラーで支え、そのうちの一つが駆動部分になっている構造。
このように前輪の内部だけで装置としては完結しているため、取り付けも非常に簡単で、工具無しでも数分で取り付けられるそうです。

『GeoOrbital Wheel』の特徴は、

・搭載されているバッテリーは、脱着可能なUSB充電方式。
・スマートフォンなどにも充電できるモバイルバッテリー。
・500Wのモーターは、僅か6秒で時速32キロまで加速。
・モーターだけで走行できます。
 26INCHモデルでは時速32キロで約19km、700Cモデルで約32km走行可能。
ペダルを漕げば、26INCHモデルで約48km、700Cモデルで約80km走行可能。
・タイヤはパンクレスタイヤ(flat-proof solid foam tire)を採用。

このように非常に魅力的な製品ですが、残念ながら日本では公道を走れないと思われます。

日本では電動アシスト自転車は足で漕ぐ力の2倍までの力をアシストすることと規定されているのですが、『GeoOrbital Wheel』は漕がなくてもモーターだけで自走してしまうので、自転車でなく2輪バイク扱いになるのです。

また、日本では電動アシスト自転車は時速24キロを超えた場合はアシストされませんが、『GeoOrbital Wheel』はモーターだけで時速32キロも出てしまう。

以上の2点から、『GeoOrbital Wheel』は日本国内では電動アシスト自転車として認められないのです。

▼下の画像をクリックすると動画スタート▼

しじみにんにく

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*
スクリーン リーダーのサポートを有効にするには、ショートカット Ctrl+Alt+Z. を押します。キーボード ショートカットの詳細については、ショートカット Ctrl+スラッシュ. を押します。

リバイタス
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ディープチェンジHMB

タグ

月別アーカイブ