サウジアラビアのサルマン国王、王族ら1千人以上伴い専用機40機で来日!

ニュース

サウジアラビアのサルマン国王、王族ら1千人以上伴い専用機40機で来日!
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

サウジアラビアのサルマン国王が12日から15日、約半世紀ぶりに日本を訪れます。

サルマン国王の訪問国は、マレーシア、インドネシア、日本、中国の予定。
各国政府関係者によると、3月1─9日にインドネシア、12─15日の日程で日本を訪問します。

インドネシア政府関係者によると、国王の随行員は1500人に上り、10閣僚も含まれているとか。

1千人を超える王族や企業幹部らが同行し、東京都内の高級ホテルの客室は予約で埋まり、移動のための高級ハイヤーが多数確保されるなど、ちょっとした「サウジ特需」になっている模様です。

来日するのは、サルマン国王(81)、15日まで滞在し、13日には安倍晋三首相と会談する予定です。

その準備で、今月5日の東京・羽田空港にチャーター機で、エスカレーター式の特製タラップが到着しました。
関係者によると、高齢のサルマン国王が日本到着時にスムーズに飛行機から降りられるよう、サウジ政府が手配して運んだものだそうです。

流石、大金持ち!!

今回の国王来日は、1971年5月のファイサル国王以来、46年ぶりで、今回は王子と閣僚それぞれ10人前後に加え、王族や企業幹部らも随行し、その数は1千人を超えるとみられるますが、まだ正確な人数は把握されていません。

昨年9月に国王の七男ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子(31)が来日した際は、約500人が13機の飛行機に分乗し、約200台の車両が確保されました。

しかし、今回は、その倍の規模が予想され、最大40機の飛行機となる見通しで、日本国内移動のために400台以上の車両確保も進められており、ハイヤー業界関係者は「指定されるのはベンツやBMW、レクサスなどの高級車。関東だけでは足りず、東海地方のハイヤーも探さざるを得ない」そうです。

これだけでも数億円の経済効果がありそうですが、どこに宿泊されるのかきになったので、東京都内の高級ホテルを調べてみました。

しじみにんにく

東京都内の高級ホテル

パークハイアット東京

ザ・ペニンシュラ東京

帝国ホテル

コンラッド東京

ホテルオークラ東京

マンダリン オリエンタル 東京

KOMBUCHA(コンブチャ)

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*

リバイタス
1

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

タグ

月別アーカイブ