菅直人元首相「安倍首相を訴えた原発事故メルマガ訴訟」敗訴確定! 

政治

菅直人元首相「安倍首相を訴えた原発事故メルマガ訴訟」敗訴確定! 
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

東京電力福島第1原発事故から丸5年が経つのを前に、事故直後に首相官邸などで事故対応の助言役だった元原子力安全委員長・班目氏の「自作4コママンガ」が、ツイッターなどで波紋を広げています。

とりわけ激しく非難されているのが事故当時首相だった菅直人氏。

マンガを描いているのは、事故当時は原子力安全委員会の委員長を務めていた班目(まだらめ)春樹・東大名誉教授。

班目氏は、自らが理事を務めるNPO法人「パブリック・アウトリーチ」のウェブサイトの中に自分のページを開設し、これまでの講演資料などを掲載しています。

菅直人元首相が安倍首相に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、菅氏の敗訴が確定

安倍晋三首相のメールマガジンで東京電力福島第一原発事故時の対応を批判され、名誉を傷つけられたとして、菅直人元首相が安倍首相に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の上告審で、菅氏の敗訴が確定した。

最高裁第三小法廷(大谷剛彦裁判長)が21日付の決定で、菅氏の上告を退けた。

菅氏が問題にしたのは、安倍首相が野党当時の2011年5月20日付で出したメルマガ。

原子炉を冷やすための海水注入について
「やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです」
などと書いた。

実際には注入は続けられていたが、昨年9月の二審・東京高裁判決は、菅氏が海水注入について強い口調で問題にしたことが、東電幹部らによる注入中断の決断につながったと指摘。

「菅氏に間違った判断があったと評価されるのはやむを得ない」
と述べ、記述の主要部分は真実だったと認め、名誉毀損(きそん)には当たらないと判断した。

しじみにんにく

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*

リバイタス
1

関連記事

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

タグ

月別アーカイブ