皇室 愛子殿下 中学卒業おめでとうございます! 

ニュース

皇室  愛子殿下 中学卒業おめでとうございます! 
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

皇太子ご夫妻の長女愛子殿下(15)が22日、学習院女子中等科(東京都新宿区)を卒業されました。

愛子殿下は、4月から学習院女子高等科に進学されます。

卒業式に、皇太子ご夫妻と愛子殿下は門の前で記念撮影。

それでは愛子殿下の成長の記録を写真でご覧下さい。

「愛子殿下は、学業が大変優秀で、通信簿はほぼオール5。常に学年でトップクラスの成績だそうです。特に国語がお好きで、放っておいてもご自分で本を読み、読めない漢字は漢和辞典を引いて勉強されています。ややもすると、午前0時を回っても本を読んでいることがあって、皇太子殿下が苦笑しながら早く寝るよう促すこともあるとおっしゃっていました」

「漢字のテストは毎回ほぼ100点です。何度か満点をとれなかったことがあるのですが、読めなかった漢字、書けなかった漢字をそれぞれノートに100回書くことを、自らに課しているようです。

また英語の実力も相当なもので、皇太子殿下が『愛子は私よりきれいな英語を話す』とおっしゃっていました。科目の中では算数があまりお好きではないらしく、教えるのがお上手な雅子さまが、つきっきりで指導することもあるそうです。ただ、好きではないだけで苦手ではなく、成績は5の評価。何でもできて、本当に優秀でいらっしゃいます」

出典 http://gendai.ismedia.jp

「3年後の平成28年度から、東大にも各科類合わせて100名程度の推薦枠ができるのです。推薦枠ができることで、愛子殿下の東大進学の可能性はぐっと広がったと思います」

「特に、雅子妃が熱心です。たとえば一日一度、1~2時間、英語だけで愛子殿下と会話する時間を設けています。愛子殿下はすでに初歩的な挨拶や自己紹介、会話はできますし、会話中に雅子妃が知らない単語を使うと、『その単語は知りません』と英語でお応えになるそうです。また、毎年夏には英語のサマースクールにも通われるほどの力の入れようです。

一方、皇太子さまはもっぱら文系科目が担当で、日本史・世界史・国語・社会をみておられるとか。日本史は、歴史上の人物を、声音を駆使して演じてみせたり、時代背景や社会情勢を物語仕立てにして臨場感たっぷりに教えているそうです。

ほかにも、一般でいうところの家庭教師役の女官がいる他、造形専門の先生や書道の先生もつき、多角的でバランスのいい教育を受けています」
(別の宮内庁担当記者)

「もともと勉強好きなこともあり、成績がメキメキと向上。そして、そんな愛子殿下の成長を見て、雅子妃の体調もまた、よくなってきています。雅子妃は、ご自身がハーバード大から東大というコースを歩まれたので、まず海外に留学させ、それから東大という選択肢もお考えのようです」

出典 http://gendai.ismedia.jp

しじみにんにく

明るく元気の素メルマガ登録
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*

リバイタス
1

ピックアップ!

ディフィンドフューチャー

タグ

月別アーカイブ