モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

ビジネスで成功するための5つの思考プラン

経済

ビジネスで成功するための5つの思考プラン
  • リバイタス
  • しじみにんにく
しじみにんにく

営業は「商品を売り込む」、マーケティングは「商品を欲しくさせる」。

営業は「営業マンが、何らかの商品・サービスを顧客に売り込むこと」
マーケティングは「取り扱っている商品・サービスを顧客に欲しくさせる仕組みをつくること」。

「戦略」と「戦術」の違いを理解する

「事業戦略」を立てる際には、大きく「戦略」と「戦術」に分けて考えます。
「戦略」とは「ここに行けば勝てる」という戦場を見つけること。
体力のない会社は、お客様が多い市場に参戦しても強力なライバル(競合)との競争に勝てません。ライバルと戦わずにすむ、もしくは容易に勝つことができそうな、いわゆる「ブルー・オーシャン」(敵がすくないとこ)を探すのが常道。
現在は、「地域プロデュース」で生き残る戦略をとり、地域密着の強みを生かせる場所で「こう戦えば勝てる」ことを組み立てる具体的「戦術」が求められています。

ターゲット選定、競合特定

対象にすべきターゲット=顧客を絞り込む。
そして、ターゲットが競合ではなく自社を選ぶようにするにはどうするかを考える。
ターゲットを絞る際には、ターゲットの
・規模(人数が多いなど)
・収益性(想定される客単価など)
・競合(強力で相手にならない競合がいないか)
・成長性(将来に人数や金額が伸びるか)
・到達性(宣伝や告知が届くか)
などを見て、地域や年代やライフスタイルなどから「こんなお客様に来てほしい」という理想の相手をみつける。(これをペルソナと言います)
ターゲットを絞り込むことでライバルも見えてきます。

SWOT分析と勝てる戦術

ターゲットが決まったら、勝ち方を考えます。
自社を取り巻く外部環境や自社の内部を
「強み (Strengths)」
「弱み (Weaknesses)」
「機会 (Opportunities)」
「脅威 (Threats)」
の4つに分けて分析することをSWOT分析といいます。
SWOT分析で大事なのは先にターゲットを絞ること。
ターゲットが変われば競合先も強み弱みも変わってしまいます。
こうして「お客様に競合先ではなく自分を選んでいただく方法」を突き詰めて考える。
SWOTの基本思想、基本理念とは「強みを強化せよ」。
弱みは直さない。弱みを直したところで「普通」になるだけですから、勝てません。
むしろ強みを生かして弱みをカバーすべきです。

ビジネスプラン

いつまでに、何を、どうするのか。
勝てる計画を考え、資源を使い、戦術を実行。
資源とは、人、組織、おカネ、モノ、顧客とパートナー。
この資源を使い、決められた期限内に、数値化された目標を達成するのが、ビジネスプラン。しかもビジネスプランは、最小の労力、最大の効率、最小のリスクに向けて計画しなければなりません。
プランは、必ず成果を生むように考えないと意味がありません。
チラシを配る際には、受け取った人が読んでいるかをチラ見で確認するなど、伝えたいことが確実に相手に届いているか、心に響いているかを確認するようにし、やり方を改善しなければ効果は継続しません。

お客様が欲しいものはお客様しか知りません。
だから、お客様に会いに行くことはとても大切なことなのです。

これが実行できなるかどうかで、勝ち組、負け組が決まります。

如何でしたか、参考にしていただけたら幸いです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

明るく元気の素メルマガ登録
メールアドレス*

リバイタス
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

モンドセレクション金賞受賞 チャップアップ

タグ

月別アーカイブ