⚡ 『夫のちんぽが入らない 』 御免なさい、これ本のタイトルなんです。

ニュース

⚡ 『夫のちんぽが入らない 』 御免なさい、これ本のタイトルなんです。

極寒の片田舎で、ひっそりと穏やかに暮らす夫婦。だが彼らは“ちんぽが入らない”という大問題を抱えていた。同人誌即売会「文学フリマ」で発表され、たちまち話題となった一介の主婦こだまが綴る数奇な半生が、『夫のちんぽが入らない』として書籍化。そのインパクトある書名にたまたま目を留めた松尾スズキが、毎日新聞の書評で「あらゆる夫婦の痛みを肩代わりしているよう」だと激賞した。今回、かねてより松尾のファンだった著者たっての願いで対談が実現。似つかぬようで意外な共通点を持つ2人の邂逅やいかに。

こだま(主婦ブロガー)×松尾スズキ(作家・演出家・俳優)こだま:はじめまして。このたびは嬉しい書評を書いてくださり、本当にありがとうございました。

松尾:会うまでは、おかっぱでメガネにベレー帽を被った女性を想像してたけど、実際は安めぐみのようにポップな人で、驚きましたよ。

こだま:いえいえ、全然ポップではないんですが……。

松尾:20年夫婦をやってきた人とは思えないフレッシュさですよ(笑)。

――松尾さんは、幼い頃から人と関わることが苦痛だったこだまさんの境遇に、大いに共感を覚えたとか。

松尾:僕もまさにそんなガキでしたからね。近所の子供たちと無理して仲良く振る舞うんだけど、心はパンパンで。ストレスで過敏性腸症候群みたいになっちゃって大変だった。

こだま:私も小学5年生くらいから毎日それでした。人間より野生動物の数が多いような山奥で育ったので、狭い人間関係の逃げられない閉塞感に息が詰まりそうだったんです。

松尾:そこを僕は、道化に徹することでごまかそうとしたんですよ。よく言えば、太宰治的というか(笑)。でも、小3の頃に通っていた水泳教室で、ふざけて水死体のまねをしたらコーチの逆鱗に触れて。近所から白い目で見られるようになって、周囲の人の目が見られなくなった。

こだま:私はひたすら頭の中で転校する妄想をしてました。ほかにすがる文化もない土地で、大学進学だけが外に逃げるチャンスだったんです。

出典 http://nikkan-spa.jp

夫のちんぽが入らない

新品価格
¥1,404から
(2017/1/25 22:29時点)

――大学進学のため一人暮らしを始めたアパートで、入居初日に話しかけてきた青年と付き合ったのが、こだまさんの今の夫だそうですね。ところが、そこで“ちんぽが入らない”という問題に直面します。

松尾:ローションを使って出血をこらえながら事に及ぼうとする場面が、痛々しいけど、どこか滑稽ですよね。実は、僕も初体験の相手とは“入らなかった”んですよ。

こだま:え、そうなんですか。男性側の実体験を聞くのは初めてです。

松尾:童貞だったから、「このまま神様は俺にセックスさせないようにしてるのか!」って悩みましたね。結局、彼女が引っ越して関係は自然消滅。後から手紙がきて、「最近はナンパされたりもしてるのよ」みたいなことが書かれていて、なんかショックだったのを覚えてる(笑)。

こだま:私も、学生時代はまだネットがなくて、誰にも相談できず自分だけの問題だと思ってました。

松尾:一番好きな人のものに限って入らないっていうのがツラいよね。そこが文学的だなとも思うんだけど。

こだま:もともと性的なことへの嫌悪感やタブー意識が強かったので、好きな人だからできないという精神的な理由もあったかもしれません。

松尾:わかりますよ。男にも、好きすぎると勃たなくなるってありますから。でも、旦那さんのはやっぱり大きかったんですよね? (手元のおしぼりを丸めて)このくらい?

こだま:いえ、もっとですね……。

松尾:え、それは相当でかいですよ。

こだま:風俗嬢に「キング」とあだ名をつけられていたくらいなので。本当のあだ名は「○○」なんですけど、万が一、その風俗嬢が本を読んだらいけないと思って変えました。私が執筆活動をしていることは、夫を含め家族にも一切黙っているので。

松尾:その割には、変え方が微妙すぎませんか? もっと大きく変えればいいのに(笑)。

出典 http://nikkan-spa.jp

“夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化!


いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

出典 http://kaigyou-turezure.hatenablog.jp

セックスは、ちんぽが女性器に入って、出すものを出します。人と人の関係だって、他人の内面に入って、そしていつしか出て行きます。「私」には夫だけが精神的に内面に入っても全く違和感のない、かけがえのない人物です。でも、夫のちんぽだけが肉体的に入らない。

"ちんぽ"のことをレーゾンデートル(存在理由)と書いたのは村上春樹だったと思いますけど、村上氏の小説って、一つの現代社会の模範解答ですよね。オシャレでスタイリッシュにセックスして、それでも周りにあわせず、悩みながら自分の道をいく。そんな村上氏とは全く逆方向な作品です。

「夫のちんぽが入らない」という巨大な問題を目の前にして、巨大なちんぽの前で解答がわからなくて、激痛があっても大量出血おこしてもどうにもならない。ひさをかかえてため息をついている「私」の姿が目に浮かぶようです。そして私たちも何かしら問題を抱えながら模範解答を出せない迷える凡人なのです。

出典 http://

夫のちんぽが入らない

新品価格
¥1,404から
(2017/1/25 22:29時点)


⚡ 人生を明るき元気に生きていくための情報サイト ❗


⚡ 業界初の無料「まとめサイト」 Dreamersプロジェクト ❗


⚡SIMフリー&格安スマホ個人取扱事業のご案内 ❗


⚡インスタグラムを使った集客方法 ❗


1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ