人の寿命の「上限」を発見した!?

ニュース

人の寿命の「上限」を発見した!?

人の寿命の「上限」を発見したとする研究論文が5日、発表された。

米アルバート・アインシュタイン医科大学の研究チームは、世界40か国以上の人口統計データを詳細に調べ、長年続いた最高寿命の上昇が1990年代に、すでにその終点に「到達」していたことを突き止めた。

最高寿命の上昇は、1997年頃に横ばい状態に。
1997年は、フランス人女性ジャンヌ・カルマン(Jeanne Calment)さんが前人未到の122歳と164日で亡くなった年。

論文の共同執筆者で、アルバート・アインシュタイン医科大のブランドン・ミルホランド氏は、AFPの取材に「それ以降は、世界最年長者が115歳前後という傾向が続いている」と説明。

こうした傾向は、医療、栄養、生活などの状態の向上を受け、平均寿命が伸び続けているなかでのも。

言い換えれば、最近は老齢期まで生きる人が増えているが、群を抜いて長寿命の人は、以前ほどの高齢には達していなかったということになる。

「もう少し(115歳より)長生きする人がいるかもしれないが、今後どの年においても、世界の誰かが125歳まで生きる確率は、1万分の1に満たないと考えられる」

「過去数十年間における医学の進歩は、平均寿命と生活の質(クオリティ・オブ・ライフ、QOL)を上昇させたかもしれないが、最高寿命を伸ばすことには寄与していない」と。

「寿命」は、個体が生存する期間がどのくらいかを表すのに用いられる用語で、「最高寿命」は、ある生物種に属する最も長命の個体が到達する年齢を指す。

他方で、「平均寿命」は、ある年齢層の人々が持つと見込まれる余命の平均値で、社会福祉の尺度となる。
研究チームによると、平均寿命は19世紀以降、全世界でほぼ連続的に上昇しているという。

 人間の最高寿命もまた、1970年代から上昇を続けていたが、現在は頭打ちの様相を呈している。

研究チームは「人間の最高寿命は限定されており、自然の制約を受けるものであることを、今回の結果は強く示唆している」と論文に記している。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp








【SIMフリー&格安スマホ個人取扱事業のご案内】
■毎月の通信費を節約したい方!!
■経済的不安を解消したい方!!
■継続的安定収入を獲得したい方!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




【インスタグラムで集客!できるの?】
既にやっている方も、これからやってみようかと考えている方必見です。
インスタグラムを使ったまったく新しい集客ビジネスが、始まります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



☛ 自動車保険でカバーしきれない加害者のあなたを補償します!

■ ドライブプロテクト


1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

タグ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!