石原慎太郎、都政を食い物にした“黒歴史”の実態!

政治/世界

石原慎太郎、都政を食い物にした“黒歴史”の実態!

豊洲市場の「盛り土」をめぐり、「調査に協力したい」と口にしていたくせに、一転してヒアリングを拒否した石原慎太郎氏(84)。

さすがに小池百合子都知事(64)も「あら、そうですか」と言うわけにいかず、質問書を送り付けている。

さんざん都政を私物化し、食い物にしておきながら逃げ切ろうなんて許されるはずがない。慎太郎氏は知事時代、巨額の税金を浪費していた。

そもそも、舛添前知事時代に大問題になった海外豪華出張の先鞭をつけたのも石原。
任期13年中、海外出張に出かけたのは34回、計201日に上る。
都庁には週2、3回しか顔を出さなかったのに、外遊は4カ月に1回のペースだった。

最高額は12人で連れ立った11泊12日のベルリン、ワルシャワ、クラクフ周遊。約4811万円も費やしていた。

詳細が判明している30回分の平均は1681万8636円、計約5億455万円に達した。

ツルの一声で2001年に始めたトーキョーワンダーサイトでは、芸術家として目立った受賞歴もない四男を「余人をもって替えがたい」と重用。
外部役員を務めさせ、都の予算を注ぎ込んだ。

初年度は約5600万円だったのが、5年後には8倍近い約4億4209万円に膨れ上がった。
身内を優遇する事業に約7億2200万円も突っ込んでいたのだから、この人、根っこから腐っている。

猛反対を押し切って設立した「新銀行東京」はすぐに傾いて出資金1000億円がパーになり、追加で500億円も血税を回すハメになった。

豊洲市場の移転も、盛り土問題も、石原時代に決まったこと。

都民も馬鹿な政治家を選んだつけが、今回ってきている。









【SIMフリー&格安スマホ個人取扱事業のご案内】
■毎月の通信費を節約したい方!!
■経済的不安を解消したい方!!
■継続的安定収入を獲得したい方!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




【インスタグラムで集客!できるの?】
既にやっている方も、これからやってみようかと考えている方必見です。
インスタグラムを使ったまったく新しい集客ビジネスが、始まります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



☛ 自動車保険でカバーしきれない加害者のあなたを補償します!

■ ドライブプロテクト


1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ