<ノーベル賞>医学生理学賞に大隅良典・東工大栄誉教授が受賞!!

ニュース

<ノーベル賞>医学生理学賞に大隅良典・東工大栄誉教授が受賞!!

2016年のノーベル医学生理学賞を東京工業大栄誉教授の大隅良典氏(71)に授与すると発表。
大隅氏は生物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を分子レベルで解明。
この働きに不可欠な遺伝子を酵母で特定し、生命活動を支える最も基本的な仕組みを解明。
近年、オートファジーがヒトのがんや老化の抑制にも関係していることが判明しており、疾患の原因解明や治療などの医学的な研究につなげた功績が高く評価された。

日本人のノーベル賞受賞は3年連続の快挙。
賞金800万スウェーデンクローナ(約9500万円)が贈られる。

オートファジー(自食作用)って?

生き物が細胞内でたんぱく質を分解して再利用する「オートファジー(自食作用)」と呼ばれる現象を作動させる「スイッチ」のメカニズムを解明したのが、東京工業大の大隅良典栄誉教授(分子細胞生物学)。

オートファジーの異常で起こるとされるのが、がんや神経難病。
オートファジーには細胞内で不要な物質や有害物質を分解し、健康を維持する働きがあるほか、冬眠する哺乳類はこの現象を使い、自らの細胞内の物質を再利用して生命を維持する。

大隅氏が1980年代後半、微生物の一種の酵母を使い、この現象が細胞内で起きる様子を顕微鏡で見つけたが、メカニズムは不明だった。

大隅氏らは、作動を担っていると考えられる5種類のたんぱく質の一つ「Atg13」に着目。
ひも状の構造で他の4種類のたんぱく質を結び付け、巨大化してオートファジーの始動装置になることを酵母を使った実験で突き止めた。


略歴

1945年 - 福岡県福岡市馬出にて誕生。
1957年 - 福岡市立香椎小学校卒業
1960年 - 福岡市立香椎中学校(現福岡市立香椎第一中学校)卒業
1963年 - 福岡県立福岡高等学校卒業。
1967年 - 東京大学教養学部卒業。
1972年 - 東京大学大学院理学系研究科博士課程単位取得満期退学。
1974年 - ロックフェラー大学博士研究員。
1977年 - 東京大学理学部助手。
1986年 - 東京大学理学部講師。
1988年 - 東京大学教養学部助教授。
1996年 - 基礎生物学研究所教授。
2004年 - 総合研究大学院大学生命科学研究科教授。
2009年 - 基礎生物学研究所名誉教授。
2009年 - 総合研究大学院大学名誉教授。
2009年 - 東京工業大学統合研究院特任教授。
2014年 - 東京工業大学栄誉教授[12]
2015年 - 文化功労者選出。
2016年 - ノーベル生理学・医学賞受賞。

「想像できないくらい驚いています」。
神奈川県大磯町の自宅にいた妻の万里子さん(69)は、この日午後6時半過ぎ、テレビのニュース速報で大隅さんの受賞決定を知り、満面の笑み。

万里子さんは東京都立大(現・首都大学東京)を卒業後、東大大学院へと進み、同じ研究室で大隅さんと知り合った。
2年後に学生結婚。2人の子に恵まれたが、子育てをほとんど万里子さんに任せ、自身は研究室にこもりっきりだったという。
「忙しくて仕方なかった面もあるが、それにしても子育てには関わらなかった」と振り返る。

「夫はいいかげんで不思議な人。ずぼらで適当なのに、どうして実験がうまくいくのか、不思議で仕方なかった。私の方がよっぽどきちんとしているのに」(笑)。




【このキュレーションが無料で使えます】

嘘ではありません。

最近では、Yahooニュース、NEVERまとめ、スマートニュース、 などのまとめサイト 「キュレーションメディア」が今注目されています。
その話題のキュレーションサイトの記事を誰でも簡単に作成し、インターネット上の多くの人にシェアできる最新のシステムが今なら無料で使えます!

リスクゼロでチャレンジ!
初心者からネットオタクまで「ちょっと試してみるか」という方は、下記のリンクURLへアクセスし、メールアドレスを登録するだけでスタートできます。

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!