ネイマール涙の金メダル!

スポーツ

ネイマール涙の金メダル!

前回ロンドン大会銀メダルの開催国ブラジルが、悲願の金メダルを獲得した。
前半26分にオーバーエージ(OA)枠のFWネイマール主将(24=バルセロナ)が、自らが得た直接FKを右足で決めて先制。
1-0で前半を折り返した。

後半に入ると、ドイツが追いつく。
14分、正確な連係で右サイドを破り、こちらも主将のMFマイヤー(20=シャルケ)が右足で決めて同点とした。
1-1のまま延長戦(15分ハーフ)に突入したが、決着がつかずPK戦に入った。

両チームとも4人目まで成功したが、ドイツは5人目のFWペーターセンが右に蹴って、相手OA枠のGKウェベルトン(28=アトレチコ・パラナエンセ)に止められた。
王手をかけたブラジルは5人目、満を持してネイマールが登場。
GKと反対のゴール右に決め、母国ブラジルに初の五輪金メダルをもたらした。

試合後、号泣したネイマールは
「たくさん言いたいことはあるけれど、今は言葉が出ない。神様、家族、チームの人たちにありがとうと感謝したい。結果を出すことを言われ続け、批判もされたけれど、自分たちの返事はサッカーだった。自分の人生の中で、一番の幸せだ」
と喜んだ。

ドイツには14年W杯ブラジル大会の準決勝で1-7の惨敗を喫した。
「ミネイランの惨劇」と呼ばれた借りを返すため、五輪代表がA代表の敵討ち。

当時は骨折のため出場していなかったネイマールは、聖地に詰めかけた約8万人から「カンピオン(王者)」コールを一身に浴び、表彰式では金メダルに2度、キスをして最高の笑顔を見せた。

また、ベロオリゾンテのミネイラン競技場で行われた3位決定戦では、ナイジェリアがホンジュラスを3-2で下して08年北京大会銀メダル以来の銅メダルを獲得。1次リーグ初戦で日本に5-4で競り勝った勢いで3位に食い込んだ。

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法