甲子園 決勝戦 作新学院vs北海

スポーツ

甲子園 決勝戦 作新学院vs北海

作新学院(栃木)と明徳義塾(高知)が対戦。
15安打で10得点と打線が爆発した作新学院が明徳義塾に圧勝、決勝にコマを進めた。作新学院は優勝した44回大会以来54年ぶりの決勝戦進出。

創部116年目、夏は最多の37度目出場で悲願の初優勝を狙う北海は、4戦連続で完投勝利を挙げているエース右腕・大西健斗(3年)が先発のマウンドに立った。

「疲れはたまっているけど、試合が始まれば大丈夫。伝統校ですので、先輩たちがつくってきた歴史に恥じない試合をしたい」

1

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ